コンテンツ  |  骨までしゃぶろう!Microsoft  |  PCとユーザー・資源の管理

95マシンとExchangeでFax共有

Windows 95とWindows 98 1st EditionについてくるMS Faxは、Faxモデムをローカルに接続してあるマシンで、Faxの送受信が可能なのは、ご存知のことだろう。

そしてこのFaxを、共有フォルダのごとくネットワーク上に公開できる。これを利用すると、物理的に一台のFaxモデムをネットワーク上のWindows 95/98/MeマシンからFax送受信が可能だ。電子メールとして作成したメールアイテムのあて先を電話番号すればFax送信する。任意のアプリケーションで印刷先のプリンタとしてMS Faxを選択しても、Fax送信できる。受信時にFaxドキュメントは受信トレイに着信する。

受信に関しては、Faxサーバーとして起動しているマシン以外に、ネットワーク上の任意のPCでFax受信が可能となるため、人間の運用でカバーしよう。たとえば、Faxドキュメントは受信トレイに着信するので、Fax受信係とでも言う役目を用意し、受信したFaxは、MS Mail・WorkGroup Post Officeの共有フォルダやExchange Serverの共有フォルダにFax受信箱などを用意して放り込むとか、社内電子メールで送信という方法がある。

Fax受信係はローカルにFaxサーバーとして構成されたWindows 95を操作する必要はない。



受信したFaxドキュメントは受信トレイに着信する。Outlookでも同様だ。

MS MailやWGPOが導入されていれば、全員がPOP・SMTPのアカウントを持っていなくても、社内のコミュニケーションに限り、MS MailやWGPOの電子メールアカウントが使用できる。 → 詳細はここ

Windows 2000やXp/2003でもFaxは標準で利用できるが、あくまでもローカル利用である。全てのマシンでFax送信したいとなったら、全てのマシンにFaxモデムを用意することとなる。もっとも、昨今のノートPCや家庭用デスクトップは標準でFaxモデムがついている場合も多いだろう。そのような環境でない限り、Faxモデムを共有できるのはありがたい。

Windows 2000やXp/2003の標準機能であるFaxを社内共有で利用するには、Fax受信係を用意して、Faxドキュメント受信後、社内電子メールで振分けという運用が考えられる。もちろんExchangeサーバーやWGPOの共有フォルダを利用してもよい。しかし、Fax送信については、物理的に同一のFaxモデムを共有することは(標準では)出来ない。

こうやって考えるとOSの進化は(有償サーバー製品を購入せよと言うマーケティング的理由もあるのだろうが)、機能面では後退と言う面もある。
※Windows Server 2003でも、標準でFaxモデムをLAN上に共有プリンタとして公開できます。(2006/0325追記)







   
デスクトップ上の「受信トレイ」を右クリックすると「サービス」の設定・変更が出来る。Outlookでも同様だ。



PCニFaxモデムが設定されていない場合には、このような質問が表示される。

「追加」ボタンでFaxモデムをインストールする。

ローカルらFaxモデムをインストールするのか、既にネットワーク上に共有されているMS Faxを利用するのかが選べる。









リストに複数モデムが表示されている場合には、リストより使用するモデムを選択し、「使用するFaxモデム」ボタンを押す。ネットワーク上に共有モデムとして公開する場合には、「ネットワーク上のほかのユーザーに、Faxモデムの使用を許可する」にチェックをする。

すると、ローカルドライブの選択画面が出る。ここには自動的に「Netfax」というフォルダが生成され、Faxサーバーの利用する領域となる。(イメージファイルが蓄積される。)

共有名は任意に設定可能。

エクスプローラーでネットワーク上から確認できる。確かに共有されている。

エクスプローラーでローカルドライブのNetfaxフォルダを確認する。ここのプロパティでも「共有名」の設定目変更は可能だ。

ネットワーク上に共有されたMS Faxがすでに存在する場合には、それを利用できる。

ネットワーク上の共有パスを正確に入力する。「参照」ボタンがないのが不親切。

Outlook・Windows Messaging・ExchangeクライアントをMS Mail/WGPOのクライアントとして設定するには、「サーピス」でMS Mailを追加する。



「ログオン時にパスワードを自動で入力」チェックボックスは、共用マシンでは利用しないこと。専用ならばあなたの自己責任で。

追加された現在有効なサービスが確認できる。


コンテンツ  |  骨までしゃぶろう!Microsoft  |  PCとユーザー・資源の管理
Copyright (C) 2003 by Yasumaro. All rights reserved.
 ↑ ご意見・ご感想・ご要望・苦情はこちらまで。↑
最終更新日:25 Mar 2006
HIEDA.NET